"表"プロヴァンス(観光地)を知らないパリっ子satokoizmが、南仏の住人に教えてもらった秘密のプロヴァンスをご案内します。


by provence-izm

プロフィールを見る
画像一覧

花使いの目線

プロヴァンスの案内人Frederic(フレデリック)の職業は何?
そう訊ねられると少し言葉に詰まります。
"フローリスト"でも"フラワーデザイナー"でも間違いではない。
でも、なんだかしっくりこないのです。
多分"フラワー"という言葉の響きが上品すぎるのでしょう、
彼のアトリエにあるのは花、草、枝、"自然"そのもの。

どこからか拾ってきた流木に名もない野草を飾る、
食べられる木の実、香草でブーケを作る、
アンティークガラスの花瓶に苔を敷き詰める。

日本人でもないのになぜか"花"という言葉がよく似合うFrederic。
私の知っている彼の職業は、"花使いのマジシャン"です。
e0296070_1836519.jpg
彼らしいシャンペットル(草原)スタイルはいつも優しい色合い



Fredericのアトリエに花が溢れていることは珍しくて、
あったとしてもそれらはお客さんにオーダーされたもの。
アトリエを華やかにすれば見栄えもいいのに、彼はそうしません。
「僕らが扱っているのは生きもの、余計に飾る分はいらないんだよ」
その花を育ててくれた自然と作り手に感謝する、
ほんの少しだけ自然を借りて暮らしを豊かにする、
プロヴァンス育ちの彼だから知っている、自然と共存する方法。
だからでしょうか、パリ、マレ地区という最先端な街にあっても
アトリエの扉を開けると懐かしい風が吹いてきます。

「本当に必要だと思った分だけ摘むんだよ」
彼は旅行中も道端の草でさえしっかり吟味していました。
花を摘むのは人間のエゴだから、最低限で十分。
伝えたいこと、贈りたい気持ちがあれば
ほんの少しの素材で素敵なブーケができるのですね。

花使いFredericの使うマジックは
イリュージョンやテレポーテーションのような
今まで見たこともない、あっと驚く派手なものではなくて
挨拶代わりの見慣れたもの、みんなが安心してみれるもの。
それはまるで、デパートのおもちゃ売り場の手品師がみせてくれた
タネも仕掛けもあるマジック。
"わぁ"と口からもれてしまう、トキメキの魔法。

彼の目線で旅した南仏、プロヴァンスは本当に素敵な場所でした。
車を止めて花を摘み、切り倒されたオリーブの枝を拾い、
テーブルに飾ったハーブを翌日の食事に使う。
自然に生かされ、自然を活かす。
ナチュラルでありながら洗練された彼のスタイルは
奇をてらわない、普遍的な美しさを教えてくれました。

e0296070_11335230.jpg
         Frederic Garriguesのフラワーレッスン
           9月15日  "夏の終わり"
           10月13日 "秋の色"
           11月17日 "ノエルに向けて"
 
          ご興味のある方はこちらまで


………………………………………………………………………………………………………
ガイドブックに載っていない"裏"パリ案内。
毎週火曜・金曜 更新中 こちらもぜひ覗いてみてください。

散文家izumisawa satoko の取材、通訳、
ガイドコーディネートのご依頼、お問い合わせはこちらまで
satokoizm.guide@gmail.com
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
# by provence-izm | 2012-09-09 20:07 | Fredericフレデリック

カテゴリ

Guide ガイド
Miam 食べもの
Ville 南仏の街
Souvenir おみやげ
Fredericフレデリック
Saison 季節
Couleur 南仏の色
Leçon レッスン、見学
Mas 南仏の家、宿
Satokoizm 私

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月

タグ

(4)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

検索

フォロー中のブログ

"裏"パリ案内。

外部リンク

その他のジャンル

ブログジャンル

海外生活
ライター

画像一覧